WordPresslink

ImageFlux画像変換・配信エンジンをWordPressで使用するためのドキュメントです。
プラグインを使用するためには、ImageFlux画像変換・配信エンジンの契約が必要となります。

WordPressプラグインのインストールlink

  1. WordPress管理画面で、メニューの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします wordpress-install-select

  2. 画面右上の検索ボックスにImageFluxと入力し、プラグインの「今すぐインストール」ボタンをクリックします wordpress-install-add

  3. プラグインを有効化します wordpress-install-enable

ImageFluxアカウントの取得link

  1. ImageFluxのサービスサイトを開きます
  2. プランを選択して、ImageFlux画像変換・配信エンジンのアカウントを作成します
    • どのプランを選択した場合でもプラグインはお使いいただけます
  3. アカウント作成後、初回ログインURLからパスワードを設定します

システムAPIトークンの発行link

  1. ImageFluxの管理コンソールにログインします

  2. 右上に表示されているご自身のメールアドレスをクリックし、「APIトークン管理」をクリックします wordpress-token-console

  3. APIトークン管理画面の「トークンを新規発行」をクリックします wordpress-token-management

  4. APIトークン発行画面で、権限から統計情報とキャッシュ操作にチェックを入れ、「発行」をクリックします wordpress-token-issue

  5. APIトークン管理画面にて、発行したトークンを確認し、「生トークン」をクリックします wordpress-token-api

プラグインの初期設定link

  1. WordPress管理画面で、左手のメニューから「ImageFlux」をクリックします wordpress-start-select

  2. ImageFluxの管理コンソールからコピーしたシステムAPIトークンをペーストして保存します wordpress-start-paste

  3. 左手のメニューから「オリジン設定」をクリックし、「オリジンを追加」をクリックします wordpress-start-origin

  4. オリジン設定画面で、設定に必要な情報を入力し、保存します

    1. HTTPを利用する場合
      • 推奨設定 wordpress-start-http

        • オリジン種別:HTTPを選択
        • スキーム:ご自身のサイト設定に合わせてhttpもしくはhttpsから選択
        • ホスト:オリジンとして設定するWordPressのホスト名を入力
        • パスプレフィックス:空欄
        • 署名付きURL:有効にチェック
        • 署名付きURL使用時の暗号化鍵:適当な文字列を入力
    2. S3を利用する場合
      • ※前提としてWordPressでS3を使うためのプラグイン(WP Offload Media Liteなど)を併用する必要があります。

      • 推奨設定 wordpress-start-s3

        • オリジン種別:S3を選択
        • AWSアクセスキーID:IAMアカウントのアクセスキーIDを入力
        • AWSシークレットアクセスキー:IAMアカウントのシークレットアクセスキーを入力
        • AWSリージョン:取得先リージョンのホスト名を入力
          • アジアパシフィック (東京)の場合、 ap-northeast-1を指定してください
        • AWSバケット:取得先のバケット名を入力
        • エンドポイント:空欄
        • パスプレフィックス:空欄
        • 署名付きURL:有効にチェック
        • 署名付きURL使用時の暗号化鍵:適当な文字列を入力
  5. 左手のメニューから「画像変換・配信設定」をクリックし、画像の変換、配信に必要な情報を設定し保存します

    • 推奨設定 wordpress-start-conversion

      • フォーマット変換:webp:auto を選択
      • 配信しない拡張子の指定:gif のみチェック
      • 端末に応じた画像サイズに自動変換:お好みで選択
        • 「する」:PCとモバイル端末それぞれで画像サイズの指定が可能。Retinaディスプレイでは設定の2倍サイズで配信
        • 「しない」:アップした画像サイズのまま配信
      • クオリティ指定:60~80の間で指定
      • Exif削除(JPEGの場合のみ):Exif情報のうち、Orientation以外を削除する を選択
  6. 画像の変換・配信状況を確認します

    1. 自身の投稿の中で画像がついているページにアクセスします
    2. 画像を右クリックし、画像アドレスをコピーしてください
    3. メモ帳などにペーストしてURLが書き換わっていれば画像の変換・配信ができています wordpress-start-check

ダッシュボードの確認link

  1. WordPressの管理画面を開きます

  2. 左手のメニューから「ImageFlux」をクリックし、「ダッシュボード」をクリックします wordpress-dashboard

  3. 「ダッシュボード」から直近3ヵ月分のリクエスト、画像変換回数、転送量、キャッシュヒット率の確認ができます。グラフでは当月分の利用量が確認できます なお、同一アカウント内で複数のオリジンを使用している場合は、すべてのオリジンの合計値が表示されます

設定したオリジンの確認link

  1. WordPressの管理画面を開きます

  2. 左手のメニューから「ImageFlux」をクリックし、「オリジン設定」をクリックします

  3. 登録したオリジンは「オリジン一覧」から設定を確認できます wordpress-origin-list

  4. 編集をクリックすると設定情報を変更できます wordpress-origin-edit

解約方法link

  1. WordPressの管理画面に遷移します

  2. 左手のメニューから「プラグイン」をクリックし、「インストール済みプラグイン」をクリックします wordpress-cancel-select

  3. 一覧からImageFluxを探し、プラグインを無効化もしくは削除します wordpress-cancel-invalid

  4. サポートサイトの手順に沿ってサービスの解約をします