オリジンの設定link

このドキュメントではオリジンごとに設定する機能について説明します。

取得先の設定link

ImageFluxではオリジンの取得方法としてHTTPとS3 API(Amazon S3、さくらのオブジェクトストレージ、Google Cloud Storage)に対応しています。

HTTPlink

HTTPでオリジンから画像を取得します。nginxやApache HTTP ServerなどすでにWebサーバで画像を公開している場合はこちらを利用します。

Schemeオリジンからの取得するHTTPスキーム (httpまたはhttps)
Hostオリジンとして使用するHTTPサーバのホスト名
Path Prefixオリジンから取得する際にパスの先頭につけるプレフィックス文字列
たとえば/imagesと指定すると、オリジンから取得する際すべてのURLのパスに/imagesをつけてリクエストします。

S3 APIlink

Amazon S3、さくらのオブジェクトストレージ、またはGoogle Cloud StorageのバケットからREST APIを用いて画像を取得します。

Access Key ID 取得に用いるIAMアカウントのアクセスキーID
Google Cloud Storageの場合は、Googleのドキュメントに従い、HMACキーを作成・取得してください。
Secret Access Key取得に用いるIAMアカウントのシークレットアクセスキー
End Point 取得先エンドポイント名
Amazon S3の場合は指定する必要はありません。
さくらのオブジェクトストレージで石狩第1サイトの場合、 s3.isk01.sakurastorage.jpを指定してください。
Google Cloud Storageの場合、Cloud Console / Cloud Storage / 設定ページの[相互運用性]タブ内のリクエスト エンドポイントを指定してください。
Region取得先リージョンのホスト名
たとえばAWS S3でアジアパシフィック (東京)の場合、 ap-northeast-1を指定してください
Bucket取得先のバケット名
Path Prefixバケットから取得する際にパスの先頭につけるプレフィックス文字列
たとえば/imagesと指定すると、オリジンから取得する際すべてのURLのパスに/imagesをつけてリクエストします。

URL署名link

URL署名に関する設定
Enable Signed URL署名URLを有効にする
Signing Secretシークレットを指定する

URL署名機能を有効にします。詳しくはURL署名を参照してください。

パスパラメータlink

パスパラメーターに関する設定
Prefixパラメーターを指定するパスのプレフィックス
オリジンにリクエストする際、マッチしたプレフィックスは取り除かれます
Pathオリジンから取得する際に利用するパスのプレフィックス
Parameter指定する変換パラメーター
URLパラメーターを許可しないにチェックをいれるとURLへの変換パラメーター指定を抑止します

オリジンの特定のパスに対して、あらかじめパラメータを設定できます。たとえば以下の例では、/small/以下にリクエストすると、縮小された画像を応答することを実現しています。

https://demo.imageflux.jp/small/bridge.jpg
パスパラメーターの設定例
Prefix/small/
Path/
Parameterw=100

プレフィックスのマッチングは最長一致で行われます。複数のパスパラメータと一致する場合は、最も長いプレフィックスのパラメータのみが使用されます。